【西口貴翠書道教室】
東京都港区高輪4-5-10-102 [MAP]
新宿区神楽坂6-16桑原ビル2F[MAP]
TEL:03-6409-6563
E-mail:ikusui2005@yahoo.co.jp


  • 高輪教室
  • 日本橋書道教室
  • 揮毫・筆耕
  • よみうりカルチャー荻窪

荻窪教室

書家 西口有貴子
書家 西口有貴子(雅号 貴翠)

・学習院初、女子中、高等科卒
・学習院大学文学部 国文学科卒業
・学校法人 総持学園 鶴見女子中、高等学校で 国語科教員を務める
・2004年 日展入選
・読売書法会幹事
・よみうりカルチャー荻窪講師
・かなを高木聖鶴(2013年度文化勲章)に師事
・漢字を高木聖雨に師事
・書道研究郁翠会主宰

書の学習とは ”古典に学ぶ”
書の学習とは ”古典に学ぶ””

「粘葉本和漢朗詠集」の臨書

先人の残した優れた古典、名蹟の学習により、それらを土台として品格のある”自分の書”を構築していきたいものです。

活動理念 ”平和と叡智”
活動理念 ”平和と叡智”

パレスチナ問題を扱った本の文章を
書いて展覧会出品

「叡智」は学習院初等科六年の頃、卒業近くにして主管の先生が私たちに「叡智を持って進みなさい」とおっしゃり教えてくださった言葉です。

日本は2011年は未曽有の大震災に遭った年でした。災害のみならず経済、政治、国際情勢等、世界は決して平穏にとは言えません。
私が見聞きした事、心を傷めたこと、訴えたいことや願い、また、逆に勇気や喜びを与えられた事などを書を通して伝えていきたいと思います。心の表出としての書を目指しています。

他者尊重 相互理解 平和的共存 他者を尊重し、他文化、異文化を認め、平和的な共存を目指します。

アッバース朝の英雄詩人ムタナッピーの詩を日本語訳、日本の調和体書で書き、イラク、バグダードのムスタンシリーヤ大学の学長に差し上げました。(2018年2月)

UAEで開催のワールドアートドバイに出品しました(2018年4月18~21日)
聖クルアーン(日本語訳)を書きました。アラブの方たちにアラビア語で解説し喜んでいただきました。

       

ドバイモールの紀ノ国屋にて、ワークショップをアラビア語でしました。
私たちに、すべての人たちに、すべての国々に平和が訪れるよう、心を込めて皆で「平和」と書きました。

           

2009年11月にイスラエル、パレスチナ自治区を訪れました。そこで見た惨状の数々や理不尽な事柄に大きな衝撃を受けました。

パレスチナ自治区ヘブロン旧市街。かつて殷賑を極めていたがイスラエルの入植により立ち退かされ廃墟化。

ヘブロンの入植地。パレスチナ自治区にイスラエルの旗が掲げられ銃を持ったイスラエル兵がいる

パレスチナ自治区ベツレヘムのアル・アザキャンプ地の民家。壁の穴はイスラエルに攻撃された弾丸の跡

パレスチナ自治区ラマツラ。現地JVCスタッフの協力でPMRS(パレスチナ医療救援協会)のスカフィ医師の巡回医療に同行させていただきました。

エルサレムの分離壁

廃墟から廃墟へ
わたしとは移ろいゆく不毛な影。
凍てついた空の下を
わたしは何を見つめてきたのか。
わたしは何から目を逸らしてきたのか。
筆文字オーダー承ります ”身近に書を”
筆文字オーダー承ります ”身近に書を”

醤油や味噌のラベルや社訓など他、毛筆書きお受けします。御指定の言葉や書体・サイズなど御要望にあわせた作品お作りします。

知人の依頼で、その方の座右の銘を書きました。